• HOME
  • Index
  • 自愛力の物語
  • ひとりの女性から生まれた「自愛力」 QUO VADIS(クオバディス)、自愛力はどこへ行くのか?

ひとりの女性から生まれた「自愛力」 QUO VADIS(クオバディス)、自愛力はどこへ行くのか?

自愛力の物語

プロローグ:
「自愛力という言葉の誕生」と「自愛力の未来」

レイコさんが主宰されているリベラルアーツ講座(※1)を終えた最終日のディナーの際、受講生の2期生7名は、誰もが感動と興奮に満ちていました。

講座期間中のレイコさんをまとう雰囲気、言葉一つ一つに7名はみるみるうちに癒され、勇気づけられ、気が付けば運命を動かす術を身につけている。たった21日間でこれだけの変化があるなんて!魔法をかけられたよう!と、気持ちが高ぶっていたのです。

「そうだ!講座期間中のレイコさんの言葉を集めたワードブックを作ろう!」ひとりの受講生が声をあげました。

「この感動を残しておきたい」「私を変えてくれたレイコさんの言葉を残したい」「レイコさんの言葉を心に刻み、新たなる人生を歩んでいきたい」こうしてワードブックの企画が立ち上がりました。

ワードブックのコンテンツの一つとして、「自愛力という言葉の誕生」と「自愛力の未来」を知るために、レイコさんにインタビューを行うことが決まりました。

テーマは「自愛力のQUO VADIS:クオバディス(※2)」。”自愛力はどこへ行くのか”という意味です。7名の2期生でレイコさんを囲んだ公開インタビューの模様をどうぞご覧くださいませ。

※1:リベラルアーツ講座 自愛力ノートとレイキを融合した21日間の継続講座。
※2:QUO VADIS ラテン語で「あなたはどこへ行くのか」
続きを読む
1 / 3

自愛力提唱者 レイコ

自愛力ノート®考案・レイキマスター&ティーチャー・経済界公認エヴァンジェリスト 1981年生まれ。医療系工学部卒業後、国家資格取得。医療機関にて約10年勤務...

プロフィール

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA