100年、200年と続くものに。「自愛力」と「レイキヒーリング」の共通点とは

ワークスタイル

2018年9月、DMMオンラインサロン「自愛力倶楽部~女性のリベラルアーツ研究所~」をスタートさせ、1期の募集はあっという間に満席へ。起業からわずか1年足らずの出来事です。

ブログ開設からわずか2ヶ月で予期せずお客様が集まるようになり、気づけば「起業」をすることになったというレイコさん。

「自愛力」は12ヶ月で350名以上の女性に愛されるコンテンツへと変わっていったわけですが、その仕事術や経営に対する考え方はどのようなものなのか?

「Dear Lady」では引き続き特集記事として、自愛力提唱者のレイコさんをインタビューしていきます。


はじめから「世界」を視野に入れている

── レイキの保険適用を日本でも実現させたいと考えている、というお話が印象的でした。

レイコ:手当て療法、エネルギー療法と呼ばれる「レイキヒーリング」ですが、世界に目を向けると国家資格や医療保険が使えるなど、幅広く信用を得ている日本発祥の民間療法です。

なぜ私が今回の「経営についての考え方」というテーマの中で「レイキヒーリング」のことを取り上げたのかというと、私の生みだした「自愛力」も、レイキと同じような広がりを見せることができればと考えているからなんです。

もちろん「レイキ」の保険適用が日本でも認められるようにすることが私のひとつの目標でもあるのですが、同じぐらい「自愛力」も日本全国、世界へ広まっていってくれたらと思い、今回のキーワードとして使わせていただきました。

 

元々は医療分野での専門家

── 実はレイコさんの経歴をさかのぼると、医療系工学部卒業、国家資格保有など、実は医療分野での専門家でもあるんですよね。

レイコ:20代のサラリーマンをしていた頃は、入社3年目で施設責任者になり、1年で顧客数を10倍にするなど、かなりバリバリと働いていました。

自由診療へ転職後は、入社1年目で新規施設のオープンにかかわり、その功績が評価されて管理職にも就くようになりました。

いまの自愛力セミナーなどを開催している私からはちょっと想像できないかもしれませんね。笑

「自愛力」はなぜこんなにも急速に広がり、1年で350名以上の人たちを魅了したのでしょうか?

次のページでは、くわしくお話を伺っていきます。

続きを読む
1 / 3

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA