自愛力提唱者・レイコに訊く「女性のはたらき方アップデート2.0」

ワークスタイル

今日は『Dear Lady』の編集部が、自愛力提唱者のレイコさんに直接インタビューする形で取材していきたいと思います。

テーマは「女性のはたらき方」です。

世の中的には「女性の自立」「女性の社会進出」というメッセージが目立ちますが、レイコさんの中では、その考え方はすでに6年前に完結していたとのこと(2018年11月現在)。

では、女性の自立のさらにその先にどのような世界を見ているのか? 今回は「はたらき方」というテーマに、「アップデート」というキーワードを盛り込んでお伝えしていきます。

 

自愛力で考えるアップデートとは?

─── 今回のインタビューでは、「アップデート」がキーワードになりました。

レイコ:一般的にはより良くなるために、加えたり補ったりして最新へする印象が「アップデート」という表現にはあると思います。ですが私の考える「アップデート」は、服を脱いでいく、裸になっていくイメージです。

従来の「アップデート」というのは、見方によっては「自分を否定すること」にもなります。今の自分のままでは足りないから加えていく、補っていく。エネルギーの目線で考えると、これは「退化」だと考えます。

─── これまでの一般的な捉え方とは真逆の発想ですね。

レイコ:ではどうすれば退化ではなく「進化」に向かえるのかというと、自分の中の「決めごと」を、一つひとつ精査することが大切になります。

例えば、日々の生活やお仕事をする中で「イヤだな~」と感じることがあると思います。そういうネガティブな感情を受け入れられるようになり、そういうものも全部「丸ごとオッケー♡」と思えるようになることが、進化のアップデート第一段階、キーポイントだと私は考えています。

「個の時代」をアップデートさせる

─── いま世の中的には、自分の得意なことや強みを伸ばすことが大切という「個の特性を活かす風潮」もあると思いますが、そことの違いは何かありますか?

レイコ:「自愛力」の考え方でいくと、もちろん得意なことや強みを活かすことは重要なのですが、それ以上に「苦手なこと」「気持ちがザワザワすること」を大切にしましょうと伝えています。というのも、そういうネガティブな感情、何かイヤだなと思う気持ちの背景には何かしらの「決めごと」があり、その裏側に「理想」「魅力」「才能」が埋もれている可能性を秘めています。

得意や強みだけを活かす道を選んでしまうと、イヤだなと思うものを排除する選択をする傾向もあります。でもそうではなく、それらも含めて「全部丸ごとオッケー♡」することが、埋もれている才能を開花させることにも繋がり、ひいては「自分らしく輝く」ことに繋がると思います。

 

『自愛力』の考え方は、女性のはたらき方もアップデートするといいます。

引き続きレイコさんには、新しい時代の「女性のはたらき方」を自愛力のテーマでお話していただこうと思います。

続きを読む
1 / 2

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA